2017/03/05

啓蟄


3月に入って、もうホントにびっくりするくらい、すっかり春めいてきた。何よりも日差しがあたたかみを帯びた色に変わって、北風さえ吹いていなければ、ひだまりの中ではぽかぽかとしてくる。身体から力が抜けて、こころがやわらかくなっていくのが実感できる。もちろん、来週に入ると冬に逆戻りという天気予報だから、まだまだ春本番というわけにも行かず、しばらくは、春と冬とを行ったり来たりするのだろう。

こんなに良い天気だと言うのに、土曜、日曜と自室にこもったままで過ごしている。年明けから、慣れない学会発表やら講演やらが立て続けにあって、それらに加えて、2月の初めからは、私ごとでもバタバタとしていた。昨年、新たに始めた仕事も間もなく一年が過ぎようとしていて、順調に忙しくなって来ている一方、新たな課題や問題も出てきている。それなりに頭を抱えてしまうような話もある中、多忙の合間を縫うようにやや無理をして、撮影に出かける時間を作って来た。

そうした無理の積み重ねからか、3月に入ってひどく体調を崩してしまった。週の後半から、激しい頭痛と肩こり、吐気などの、おそらくはストレス性の身体症状が次々とあらわれてしまい、今週末は少し大人しく過ごすことにした。もともと春先は、気温の上下に身体がついて行かず、花粉症の症状にも悩まされて、体調を崩しやすい時期だ。例年は、よくよく注意をして睡眠をとるようにと心がけていたのだが、今年は忙しさのあまり、そうした対策がやや疎かになっていた。

そんなワケで、今日は自室にこもって、普段やらないような書類の整理や、身の回りの片付けなどをしながら、のんびりと過ごす予定だ。来週からは、ふたたび忙しい仕事に取り組まなければならないし、まったく馬鹿げた、しかし見過ごすことのできない政治問題の行方も、しっかり見届けなくてはならない。ゆっくりできるのは、今日いっぱいくらいだろうか。

人気の投稿