2017/02/12

奥日光にて

若い頃から、スキーやスノーボードといったウィンタースポーツとは無縁だったこともあって、これまでは寒冷地をクルマで訪れるといった機会はほとんどなかった。それが、北海道は鶴居村の冬のタンチョウを撮りたいという一心で、クルマを4WDに変え、スタッドレスタイヤを装着し、昨年は初めて冬の奥日光を訪ねてみた。ところが、昨年の奥日光は思ったほどの積雪はなく、鶴居村を訪ねた際も雪道と呼べるような道路状況ではなかったから、実質的には今回の旅行が、ボクにとっては初めての本格的な雪道体験となった。行きのいろは坂からして凍結していたので、どうなることかと心配をしたが、雪の積もった坂も拍子抜けするくらいあっさり登っていってしまう。試しにと、戦場ヶ原の長い直線でスピードを上げ、強めにブレーキを踏んでみたところ、流石にずるっと滑って嫌な感じだったが、雪が積もって、ところどころツルツルに凍った三本松園地の駐車場でも難なく走ることができて、冬の奥日光を訪れることは、それほど難しくはないことが分かった。さらに今回はネイチャーガイドさんをお願いして、夏場のハイキングでよく歩く場所を、スノーシューを借りて歩いてみた。普通に歩くよりはかなり体力を消耗するが、天気が良ければ小田代ヶ原までの往復くらいならできそうである。シジュウカラ、ゴジュウカラ、コガラ、アカゲラといった鳥たちや、キツネ、テン、ウサギ、シカなどの足跡、クマがかじった木の根元、氷点下10度の中、葉を硬く丸めて身を守るアズマシャクナゲの姿など、様々な生き物の姿を見ることができて、とても楽しい雪山体験だった。

人気の投稿