2017/03/19

晴れた土曜日には自転車に乗って


先日、思うところがあって、学生の頃から乗り続けてきたバイクを、思い切って手放した。その後の禁断症状というワケでもないのだろうが、日に日に二輪のたぐいが欲しくなって、ついに新しく自転車を購入しようと決心した。これまで使ってきたオレンンジ色の折り畳み自転車は、オシャレで可愛らしくて、とても気に入っているのだけど、ぶっちゃけ自分の体格には合わず、「まるで自転車をいじめているみたいだ」と、家人には笑われてきた。家人はボクのオレンジの自転車を狙っているフシがあるので、その発言は、少し割り引いて考えなくてはならないが、正直、自分でもやっぱりちょっと「いじめてる」感じがしなくもない。

「思い立ったらすぐ行動」というわけで、あれこれ調べ始めた。タイヤが太く、見た目、ガッチリとして安心感があるという理由から、マウンテンバイクを中心に探してみると、自分の好みにぴったりで良さそうなモノが見つかった。初めは黒いボディカラーが良いかなと思っていたが、ショップで実車を目の前にして、そこに展示してあった空色の自転車に決めた。ショップの方が言うには「よくあるパターン」なのだそうだ。予約をすると、納車は3月末から4月初めになるという話だったが、予定よりもずいぶん早くに入荷の連絡をいただいて、先日、さっそくショップまで受け取りに出かけてきた。

その日はよく晴れていたこともあって、購入初日に、ショップから職場まで、職場から自宅までの合計30数kmの道のりを走ってみた。午後から学習会の講師を引き受けており、納車の日程を先延ばしすることも考えたのだが、「時間的に厳しいなら、買ったばかりの自転車で移動してしまえ」と、まあボクらしく、あと先考えずに行動。結果として、勉強会の時間には間に合い、講師もつつがなく終えることができたものの、普段、運動不足の身体に長距離の自転車はなかなか厳しく、さっそく筋肉痛に悩まされている。

自宅から職場までは、Google先生によれば、およそ12kmほど。普通に走れば一時間はかからないくらいの距離である。混雑している国道が中心なので、走って気持ちの良い道とは言い難いが、大きな川を渡る時など、バイクやクルマでは、あっという間に流れ去ってしまう風景が、ゆっくり走る自転車からは、とても良く見える。写真を撮るには少々速過ぎるのだが、それでも、季節の移り変わりを肌で感じ、風景を楽しみながら走ることはステキな体験だ。晴れた土曜日の通勤は、この空色の自転車に乗って…などと空想しては、少しワクワクしている自分を見つけて、ちょっと可笑しくなった。

人気の投稿